お知らせです

コロナ対策で引きこもり・・読書でも・・その②

コロナ対策で引きこもり・・読書でも・・その②

連休中に届いた本を紹介する。

「原因」と「結果」の法則② 幸福への道

「原因」と「結果」の法則③ 困難を超えて

「原因」と「結果」の法則④ 輝かしい人生へ

この本の根底には、「思い」は「実現する」という真理である。このなかで、15分間「の瞑想を朝、昼、晩と3回、併せて45分間せよという。今までの人生で幸せな状況を思い出せということだ。それを、今の困難な状況に照らせあわせ、活路をを見い出せということ。

振り帰ると、一応、仕事は定年まで勤め、フリーランスとして今はなんとか細々と仕事をしている。我が人生の大きな転機を述べてみる。はやり大きな転機は大学受験の失敗だった。学部選択で行く方向が全く変わる。好きな学科は物理だった。身の廻りの自然現象が理解できたことに喜びを感じた。成績もまあまあ良かった。将来はこの方向に進学しようと考えた時期もあった。がしかし、理学部では就職がないとの情報が耳に入る。これが決定的になり工学部に変わる。

現役は工学部機械科を目指すが、全て失敗。一浪して今度は土木科に変更。人生の挫折で公務員志望の道へ。就職はローカル市の土木職(これも水道関係でかなりのマイナー業務)となる。好きなことから、花より団子という金稼ぎ(悪く言えば)に変更した訳だ。

水道は建設業界ではマイナーでかなり冷や飯を食わされたが、何とか技術士となり技術のトップまで登れた。しかし、未だに土木の関係職に魅力は感じない。何か違和感を感じている。ただ、お金を稼ぐのに仕方なく続けてきた。

その失敗の人生で、一番幸せを感じたことは、やはり技術士受験に合格したときである。

この試験は、大学受験とは全く異なる試験で、自分に最もあった試験だ。自分を最も良く評価してくれた試験で、満足している。この合格が人生の転換期となったことは言うまでもない。

 

とうことで、連休中は瞑想していた。新しい仕事を探しもしながらも、フリーランス(Self Engineering/PE) として、今後の目標を模索中である。  目標を立てないと、「思い」が「実現」しないからだ。

人生最後に振り返り、残り恐らく僅か20年程度だが、最後の目標を模索している。

しかし、やはりお金との関わりが、どうしても思考に関わってくる。

生活が安定しないと、奉仕も出来ないと切実に思えるからだ。

 

未分類カテゴリの最新記事