お知らせです

水道広域化と下水道事業との関係

水道広域化と下水道事業との関係

名古屋市が上下水道一体化の先陣を切り、地方行革のあおりで一斉に上下一体化が拡がってきたが、今ではどこもギクシャクしている状況にある。

西日本の水道事業体を廻った感じでそう思う。

小泉構造改革のあと全国的な行革のあおりで、上下水道一体化した自治体がほとんどであるが、重要なことは、会計はあくまでも別会計であるということである。

そして、下水道計画は都市計画との関係もあり、市町村の行政枠を超えた枠組みでの運営は難しいという側面がある。

 

ここに、遅ればせながら、水道広域化のプランが立ち上がる。

結婚した後になって今更何を? と言わんばかりであるが、うまくいかないのなら、いい手立てを加えるのは当然のことである。

 

もともと別会計であるため、水道部隊だけは近隣と広域化し、水道同士で人事交流しながら広域化で纏まっても何ら問題ない。むしろ同業種で効率化したほうが、異業種で効率化を求めるより手っ取り早い。

 

 

市民からすれば同居離婚しているように見えるが、水道版の合同庁舎と思えば分かり易い。水道部隊が広域化しても、維持管理が必要であるため、従前の上下水道事務所はそのまま各地に残りそうである。

そのため、同じ庁舎に居ながら、別組織と地域情報を共有化しながら業務をする方が便利である。そのほうが組織的にうまくいくと思われる。

 

技術士 受験カテゴリの最新記事