お知らせです

フォークロック録音して聞いてみる

フォークロック録音して聞いてみる

来月末、京都から高校時代の友人が帰省するため、市内某所(中高年の出入する)でピアノセッションして練習することになっている。

ロビーにピアノが置いてあるため、弾いてもいいかと尋ねるといいという。ギター持ち込んでも大丈夫らしい。

少し恥ずかしい気もするが、平日の昼下がり、スポーツやお稽古事の中高年ばかりなので何とかなるだろう。大きな音はするが ?!?!?

自宅の練習で、お気に入りの長渕、5曲(RUN、しゃぼん玉、ろくなもんじゃねえ、とんぼ、乾杯)をI-Padのボイスメモで録音してみた。

イントロ、Aメロ、Bメロ、サビ・間奏、Cメロ、アウトロと通しで弾いて歌うことができなく未熟なため、録音を聞いてみると、全く話にならないほどヘタクソである。  アーア 全くだめだ!

 

技術士受験する頃の、最初の頃の論文に似ている。自分でプライドはあるものの、全くお話しにならない。

受検同様、専門家にアドバイスしてもらった方が良いのかもしれないが、
あくまでも趣味の世界なので、あまり大げさにしたくなない。

「イントロ、サビ・間奏」を何とか簡単にカッコよくできれば、なんとなくうまく見せそうである

こらあたりは技術士受験に似ている。

弾き語りの模索は続く。

健康管理カテゴリの最新記事