お知らせです

歌から入ってギターを再開

歌から入ってギターを再開

学生の頃、「ギター弾いてみて?」と言われたことがあった。

当時、ギターを弾きたいのではなく、フォークを歌いたいだけ、
うまく弾けないため、尻込みして断ることが多かった。
今から思うと「弾き語り」をしたかっただけだ。

就職後、地方に戻り、全く音楽とも関係ない暮らしが始まる。
地方にもフォークグループもあるが、いかにも田舎臭い。
芸術は都会でないと似合わない、と思いつつ、子供の成長とともに歌から遠ざかる。

思春期の子供にギターを与える。
男の子二人、これがなかなかうまい。

東京(お茶の水)出張で、中古のYAMAHA(黒ラベル)をゲット。
「弾き語り再開」しようと思った矢先、当時大学生だった次男に見つかる。

いい音だねと感心し、車所有していため、下宿に持って帰られる。

退職後にフリーランスの仕事に併せ西日本の楽器店を探索。

広島の楽器店でマーチンを試奏し、40年前の記憶が蘇った。

健康管理カテゴリの最新記事