お知らせです

神社の彼岸花、50年前の旧友に巡り合うも、忘れ去る

神社の彼岸花、50年前の旧友に巡り合うも、忘れ去る
Advertisement

彼岸花のシーズンである。近くの八幡宮にお参りする。参道に彼岸花が満開である。派手な赤に昭和30年代のレトロカーの展示、コントラストが妙に面白い。侘しさをを感じる。  シニア割の昼食を済ませ、近くの小さなデパートに立ち寄る。休日のいつものコースである。

 

館内のソファーでくつろいでいると、隣に座ったおじさんから声をかけられた。「お名前は?」 誰だろう・・・少し躊躇したが 「〇〇です。・・・お宅は?」 なんと、学生時代の寮の先輩だった。確か、3年前にも飲んだこともあった親しい仲だったが、その時の顔をすっかり忘れていた。 

どうも50年前の印象が抜けてなく、新しい記憶が上書きされていないのだ。大変、失礼なことをしてしまった。 なかなかパソコンデータのように上書きができない。いつまでも50年前の記憶を引きづったままである。

最近、新しい派遣の仕事が始まろうとしており(未確定だが)、シニア時代に、新たに、まさに新卒のような心境で取り組もうとしていた矢先である。学生時代の土木の授業を思い出しながら、どう準備すれば良いのかと、50年前に思いを忍ばせていた矢先である。  突然の出会いに絶句した。

 

友人達の動向と仕事

 

寮同窓会の最近の開催状況、そして友人達の動向を約30分程度だが急速に情報交換した。どういう訳か、お互いの息子達も同窓(親の学校とは違うが)の関係にある。お互いに受験生の親として、情報交換してきた仲間であり、以前から何かしら多生の縁を感じていた。

他県なので、今までほとんど合うことは無かったが、どういう訳か。今日は巡り会えた。

 

 

こちらの仕事で□〇会社に派遣の仕事をしそうだと伝えると、そこは△▽先輩が居たところとの情報を得た。既に退職しているが、その会社に親しみが湧いてきた。 何かのご縁があれば幸いである。

仕事の内容までは詳しく話せなかったが、  その先輩も、現場では何回か死にかけたらしい。土木業界は怖い世界である。

施工管理の内容は少しの時間があるが、学習しておこう。あすは図書館で調べるとするか。

施工管理ソフトの定番も概ね掴んでいる。最近はスマートフォンを活用し、出来高と写真を併せたデジタル小黒板などもある。このシステムであればかなり現場管理は省力化できそうだ。

あとは、安全管理と工程管理である。概略でいいから思い出しておきたい。

老人の趣味

 

今、卓球のクラブチームに所属しているようである。週に何回かは汗をかいているようだが、体はいまだに細い。高校時代からの筋金入りの卓球選手だったので、相当強かったが、他にお酒も相当強い。  今でもよく飲むらしい。体重50kgを切ったら医者に行くとのことで、受診したらしいが、どこも悪くないという。

体にはお互い十分注意したいものだ。寮生も亡くなった人がかなりいる。

 

こちらは、筋トレにロードサイクル、そしてフォークギターである。今日も、楽器屋でBOSEのPAスピーカーシステのカタログを頂戴した。60Wで8万弱である。いい装置のようだ。著名なミュージシャンのコメントが乗っていた。

ほしいものはいろいろあるが、これも仕事の励みになるというものだ。 せいぜい新しい仕事に期待しよう。

 

彼岸花がくれた、思いがけない出会いであったが、有意義な一日であった。 望む者には与えられる。 そうありたいものだ。

 

Advertisement

健康管理カテゴリの最新記事