お知らせです

筋トレにダイエット効果はどのくらい、時間と量は?

筋トレにダイエット効果はどのくらい、時間と量は?

Advertisement

「短期間で効果的にダイエットを成功させるには、筋トレと有酸素運動の組み合わせがベスト!」ということらしい。(Enjoy Men`s Life より)

有酸素運動とは: 酸素を使って糖質や脂肪をエネルギーに変えて行うトレーニング。

無酸素運動とは: 短い時間で糖質を消費して行われるトレーニング。

 

有酸素運動で脂肪を燃焼し、筋トレで筋肉を鍛えることがダイエットへの近道ということのようだ。どおりで、筋トレ施設には必ずバイクが置いてあるはずだ。それでも乗ってみる気にはならないが。

筋トレメニュ-と時間

筋トレを行う最適な時間帯は16〜18時頃らしいが、フリーランスは昼前が多い。

筋トレ初心者に一番ポピュラーなのが、10回3セット法で5機種を用いる方法。そしてランニングマシーンは筋トレ前2.0km、後に1.0km使って走る。 ランニングは筋トレ前に血圧を上げ、血管を拡張しておかないと、循環器系にいろいろ支障が出るとのこと。(息子達のアドバイス)

 

筋トレ効果をCal分析

50~69歳の男性であれば、食事は2,450kaclを目安に摂取したぐらいがいいらしい。

METsとは「代謝の(Metabolic)量(Equivalents)」の略で、ジムなどで器具を使って負荷を加えながら行う筋トレの場合には、8.0METs程度らしい。

筋トレの実体験では、体重60kgの人が60分行うと消費カロリーは440kcalで、ランニングマシーンを含めると概ね500Kcalとなる。 そして、ロードサイクルでの消費カロリーは 30kmで500kcal (アプりより)だった。

 

したがって、(Σ週間食事Cal)-1,000(筋トレ・サイクル各週1)<7@2,450ならダイエッツ効果があると考えられる。 素人の雑な計算だが、これを続けると効果があると思われる。 しかし、どうも 「1週間食事Cal」ここがポイントのようだ。

いくら筋トレ・サイクリングしても、食べすぎ飲みすぎでは意味がない。老人は腹八部でなく、い一日2食で十分ではないかと思われるがどうだろう。

Advertisement

健康管理カテゴリの最新記事