お知らせです

フリーランスの健康管理はアプリを使ったロードサイクルから

フリーランスの健康管理はアプリを使ったロードサイクルから
Advertisement

地方でフリーランスして、手頃に運動するにはロードサイクルが一番だ。それもアプリを使って健康管理をしたほうが効果的か?

1.ロードサイクルが一番か、低酸素運動の効果は

高齢者の一番の課題は健康である。

代表的な有酸素運動といえばウォーキングやランニングで、長時間継続可能な軽度・中程度の負荷の運動をいう。

自転車の方がウォーキングよりも2倍以上も運動消費は大きく、身体の負担が少ないから、無理なく継続することができる。

 

自転車で30分漕ぐ、時速20キロをキープし、最低でも週3回必要。概ね30分で大体200キロものカロリーを消費する

自転車情報館より)

 

2.本日のロードサイクルをアプリで振り返る

距離32.3Km、時間2h26`、カロリー539kcal、平均速度13.2km/h、Max104km/h、高低差152m、という結果だった。

アプリはRantasticというフリーソフトである。田舎なので道を間違えることはないが、走行中にその時の距離とスピードが知りたいために無料のアプリを入れた次第である。

 

前述のように時速20キロをキープというのはなかなか難しい。大体15km/h前後である。地方の道は風の影響を受けて減速するからだ。

体脂肪1kgは7000kcalというから、距離32.3Km漕いでカロリー539kcalの消費である。1割にも満たないため、ダイエットするなら食事制限も必要だろう。  しかし運動すれば腹が減る、余分に食べれば余計に増量し無意味である。何をしているのか訳がわからない。  あまりカロリー分析を気にしても意味がないようだ。

 

さりとて、ハードな運動もできない、せめて筋トレと並行するくらいである。筋トレとの相乗効果に期待し、食事制限も心掛けたい。・・・3kg減量すれば、West3センチくらいは細くなりそうなのだ。

 

いまは暑いが、もうすこしで涼しくなる。 今後も、軽快にそして爽快に走りたい。アプリの分析であまり効果は期待できないが、効果は概ね把握できそうだ。ロードサイクルを初めて10ヶ月、今少し継続してみよう。

 

Advertisement

健康管理カテゴリの最新記事