お知らせです

技術者倫理講座

技術者倫理講座

10年前から某高専の技術者倫理講座を非常勤で担当しています。毎年、後期で私を含め6名の技術士で2回1テーマを、6例のテーマで討議させます。

各講師毎の専門分野の説明と技術倫理上の課題を提示します。学生はその課題に基づきグループ討議し、その結果を翌週に発表します。講師は言わばファシリテーターの役目として学生の討議をリードしていきます。

個人レポートは技術士試験のように手書きさせます。技術士試験をイメージし、技術者としての国語力の基本を身に付けさせます。(JABBE/日本技術者教育認定機構の一環で、ここが意外と重要なのかも知れません)

「上水道事業と公務員の立場に関する事例」が私の講義内容です。

総じて、技術者としての倫理的思考の手順と論議の仕方を学ぶという内容でしょう。高専の5年生(就職や編入前)なので、大学生なら2年生(20歳)です。成人なりたてで、ようやく論議ができるようになったという段階です。この多感な時期に外部専門家からの技術のうんちくに触れることは貴重な体験だと思います。

フリーランスカテゴリの最新記事