お知らせです

人生の戦略と戦術が、この終盤に活きてくるか?ブルースである

人生の戦略と戦術が、この終盤に活きてくるか?ブルースである

Advertisement

人生最後の戦略が、数日後に迫る派遣業務である。細かな戦術は、業務におけるソフトの選択や書籍の活用など、少しの準備と慣れが必用だが。ポイントは業務自体が体とマインドに合うかどうかという まさにブルースである。

世間は、ワールドカップラグビーでお祭り騒ぎ、また野球界はCSシリーズ騒ぎで賑やかだ。 全国的に残暑の日々も続き、台風もまた襲来してきそうである。  そういえば税も上がっていたのか?忘れていたが。 ・・・思えば、奇々怪々な世情である。

新しい仕事をさがしていたこの半年、不思議に学生時代のことをよく夢に見た。  受験時の思い出、思い出の学生生活など。  夢で人生の選択を検証中なのだろう?

 

人生の戦略と分岐点

人生を振り返ってみれば、人生の大きな分岐点は大学受験であり、次に就職、 さらに結婚ということになる。 大学受験がその後の選択に、大きく影響してきたことは事実である。あとはその流れの惰性ということになろう。

それなりに戦略を立てていたつもりだが、いい情報が無かった。 いい戦略にはいい情報が不可欠である、 と今にしてわかる。

今やパソコンのお陰で情報に乗り遅れることはなくなった。 逆に大手メディアが世界の情報に遅れている場合もある。みんな騙されなくなった。  よりすぐった情報から最適な戦略をとったつもりで、  その結果は・・・?

それが、もうすぐわかる。 捨てる神あれば、拾う神あり。 ・・・となるか。

台風シーズンも秋風に乗って

 急に涼しくなったら、台風も北風(偏西風)に乗って東へ進路変更中である。しかし、今度は千葉へ、台風被災地が気の毒である。十分に事前の対策をとってほしい。

国内の1/3が住む大都市が控えて、なぜボランティアが少ないのか分からない。報道関係者を含め「口ばかりでなく、手を動かせ」と言いたい。

 話は変わる、最近のスポーツ界で海外の2世3世が活躍している。これだけ人の動きが流動化してくると、今や仕事を国籍で縛るのは無理があるというものだ。 技術は国境を超えるとよくいう、特殊な能力で仕事をする人に国境は不要だ。

技術士も国境を超えて仕事をするくらいの気構えがほしい。国内賃金の伸びが乏しい折、意外と東南アジアの業務が有望ではと思える。

若い人は特によく考えたほうがいい。意外に生活も楽だという情報もある。最近、東南アジアからの派遣労働者が地方の工場で目に見えて増えてきている。海外の技術指導で技術士の仕事はあるはずだ。

人生100年の戦略を実践中である。体の続く限り、精一杯の人生を送りたい。「山谷ブルース」も似合いそうだ。

Advertisement

フリーランスカテゴリの最新記事