お知らせです

ギターセッションからブランデイング活動へ進展

ギターセッションからブランデイング活動へ進展
Advertisement

昨日、ギターセッションした。 その夜の反省会では、意外にも仕事の話でブランデイング活動(自分のブランド化)に進んだ。

 

練習セッションのつもりが、急に音がしたので、館内の音楽好きなおばちゃん達がギャラリーで集まってきた。最初の1曲終わると拍手が沸き起こった。初めての経験で、この年でも恥ずかしかった。

 

音合わせの練習のつもりで7曲を約1時間で演奏。最初にピアノの大きな音がしたので、隣接の体育館内が騒然としたようだ。

・・・休憩して、本番の演奏のつもりが、今度は声が枯れてしまい高音が出なくなった。

何とかセッションの形にはなったものの、なんやら面白い顛末になった。

・・・ やはり、こういうイベントではマイク・音響施設がほしい。 ・・・1時間の弾き語りでは喉苦しさを実感した。

 

音合わせの練習のつもりでセッションしたのだが、 意外に飛び入りのギャラリーが多かったせいか、 結構ムキになって歌ってしまった。そして汗びっしょりになった。

演奏している本人は曲にのめり込んでいるため、あまり周囲に気にならなかったが、終わってから周りにかなりの視線を感じた。・・・下手な演奏でも気になる人はいるようだ。

・・・ やはり音楽イベントはギャラリーを最初から意識し、立ち位置等を検討しておかないと難しいと感じた。

 

* * * * * * * *

その夜の反省会(飲み会)では、セッションの話もそこそこに、今度は仕事の話に変わった。友人の大学の仕事に転職した成功談を聞いた。大変参考になった。こちらは技術士の仕事探しで、セミナー講師を手掛けようと模索しているところである。参考になるところが多かった。やはり講師や教職の募集紹介サイトがあり、これを活用しているようだ。

そして最終的には友人知人からの紹介により、仕事は来るものだと確信した。 やはり誰に聞いても、独立起業本でもそのように書いてある。 年齢的に少し出遅れているが、まだまだ積極的売り込んでいく必要がありそうだ。

セミナー講師仲介サイトをあたってみよう。ブランデイング活動(自分のブランド化)の始まりである。

 

 

Advertisement

フリーランスカテゴリの最新記事